ワードプレスを始める → たかとりブログ

キャッシュのLiteSpeed CacheとバックアップのUpdraftPlus!

キャッシュのLiteSpeed CacheとバックアップのUpdraftPlus!

mixhostなんだけど、よく考えたらLiteSpeed Cacheはまだ必要ないんです。

でも、UpdraftPlusは最初からインストールしています。

キャッシュプラグインのLiteSpeed CacheとバックアッププラグインのUpdraftPlusを使ってる人多いんじゃないかな?

プラグインは少ないほうがいいので、有料テーマSANGOを使ってmixhotで運営してるブログのプラグイン一覧の中で必要なものだけ使ってください。

 

アクセスが多ければLiteSpeed Cacheを使ってもいい

レンタルサーバーではWordPressでLiteSpeed Cacheを使用して高速化する方法というページがあるんです。

それで、LiteSpeed Cacheを使うしかないと思ったんです。

だけど、そもそもmixhostは表示が速いんです。

もっとアクセスが多くなったら、キャッシュプラグインのLiteSpeed Cacheを使ってもいいと思っています。

 

公認のキャッシュプラグインのLiteSpeed Cache

キャッシュプラグインのLiteSpeed Cacheは、mixhost ヘルプ&サポートに使い方が書いてあるんです。

ほとんど公認のキャッシュプラグインだと思うんです。

だから使ったんだけど、そんなにアクセスのないブログでは必要ないんです。

 

バックアッププラグインのUpdraftPlus

バックアッププラグインのUpdraftPlusが便利なんです。

実際に使ってみたら、とってもいいんです。

だけど、mixhostには自動のバックアップ機能があるんです。

 

機能が重複するプラグインは使わない

自動のバクアップ機能があるレンタルサーバーでは、バックアッププラグインは不要なんです。

バックアッププラグインを使ってはいけないってことではないけど、必要がないんです。

機能が重複するプラグインは使わないほうがいいんです。

 

プラグインが少ないと表示が速い

レンタルサーバーのmixhostは表示が速いです。

だけど、プラグインを減らした方がもっと表示が速いんです

正確には、表示が遅くならないんです。

 

アクセスが少ないから、LiteSpeed Cacheをやめる

キャッシュプラグインのLiteSpeed CacheとバックアッププラグインのUpdraftPlusは効果があります。

一方、LiteSpeed CacheとUpdraftPlusを減らす効果もあります。

アクセスが多い場合は、キャッシュプラグインのLiteSpeed Cacheを使いましょう!

 

できるだけプラグインを減らしましょう!

アクセスが少ないうちは、キャッシュプラグインを使う必要はないんです。

レンタルサーバーにバックアップ機能があれば、バックアッププラグインも使う必要はありません